勿論、悪いことなのだけど、なんで悪いのか?とかを考えてみたい。

 私自身の考え方は、「インターネットで起きている事実として何かの抑止力にならないか?」と考えている。のだけど、そもそもが「悪いこと」なのだから、それを、安易じゃなくても、認めてしまう危険性はあるのかも知れない。実名を晒している人達は、自分達は正義だと思っているだろうし、私も、その部分は否定できない。多分、何かのスタンスや、インターネット力、何かが変われば、私は、晒す側だったと思う。

 抑止力に関しては、実証できないけど、実名さらしや、炎上が起きている中で、日本のどこかで「いじめ」や「自殺」などが、止まっている可能性は否定できない。もしかしたら、大人が子どもに「ヤバイことしたらインターネットで人生が終らせられるぞ」とか言っているかも知れない。その辺りの判断力が欠如しているからこそ、相手が自殺するまでイジめるという殺人が起きると思うのだけど、そこの域に達してない「いじめ」は止まっているかも知れないし、抑止力があるかも知れない。


 では、インターネットで「加害者の実名を晒す」ことは、なぜ「悪いこと」なのだろうか?悪いことだけど、「気持ちは分かる」という人は、結構いるかも知れない。で、では、何故悪いことなのか?例えば、加害者の住む社会、中学校や、大津市に住む人は、インターネットを介さなくても、普通に知っているだろう。聞けば分かるだろう。では、それを葉書で遠方の親戚に伝えたら、携帯電話の通話や、メールなんかで、知り合いに伝えたら、それは、「悪いこと」なのだろうか?いや、多分、悪いことではないと思う。

 では、インターネットに出すことが悪いことか?と言えば、悪いことだと思う。消えないし、どんどん、拡散するし、加害者の人生が終るし。でも、これは「道徳的、倫理的」に「悪いこと」であって、それは、社会が違えば、変わってくることかも知れない。倫理的に、加害者の個人情報を拡散させることを良しとしている国や社会があるかどうかは、分からないけど。

 では、実際に「罪」になる?という部分で「悪いこと」を考えてみると、あんまり法律に詳しくないけど、思い浮かぶのは「名誉毀損罪」だった。加害者がやった「いじめ」というのは、まぁ、事実だろうし、どうなるか分からないけど、何らかの法的処置はあるのだろう。少年法とかあるから、どうゆう結果にはならないと思う。学校や、先生、校長、教育委員会の人々も、罰せられるかも知れない。

 でも、それらの人々の名誉を毀損して良いか?と言えば、当然、して良い訳がなく、刑事罰の可能性がある訳だから、当然、「悪いこと」だ。では、刑事罰にならなかったら、「悪いことじゃない?」のか、とも思える。そうすると、倫理や道徳になるのだけど、両方で「悪いこと」じゃなかったら、やはり、「悪いこと」にならないのだろうか???


 ちょっと話がそれ気味なのだけど、また、別の問題もある。実際、問題、インターネットの書き込みや発信で、逮捕に到るのか?の話。実際に、犯行予告とかで、「威力業務妨害」とかで、IPアドレスとかで、本人特定に到って、そして、逮捕とかは、何回も見たことがあるのだけど、いじめとか、加害者が、インターネットも含めて、バキバキに非難されている状況で、実名晒しが起きて、その晒している側が逮捕された…という例を私は見た事がない。ないだけで、あるのかも知れないのだけど、「名誉毀損」を調べていたら、「親告罪」だった。

 つまり、滋賀県の場合では、実名を晒されている加害者や学校関係者が「親告」しないと、罪にならない。実際に、匿名の存在を「親告」して、本人に到るのか?という技術的なこともある。その場合は、警察が、本人を特定して、連れて来てくれるのだろうか?

 また、実際に、加害者達が「それはそれ」として、実名を晒した人々を訴える、ということが出来るのだろうか?勿論、出来るのだけど、気持ちの部分とかで。多分、「逆切れ」とか言われて、さらに、炎上すると思う。しかも名誉毀損罪のこと調べてみると。

3年以下の懲役もしくは禁錮または50万円以下の罰金
名誉毀損罪 - Wikipedia

 そんなに罪が重くない。インターネットの拡散力、保存力を考えれば、本人の人生だけじゃなくて、一族の人生すら封じられるような気がするが、もしかしたら、インターネットによる名誉毀損は、扱いが変わってくるかも知れない。


 話がそれたけど、技術的な部分は、まぁ、分からないのだけど、たぶん、「親告される確率が限りなく低い」「悪いこと」をすることは、「悪いこと」なのか?という風に行き着いた。勿論、悪いことなのだけど、身近な問題に置き換えて、自分を省みると、どう考えても車が来ない横断歩道を、信号無視をしないような…そこまでの遵法精神は、私は持ち合わせてない。

 それに比べると、勿論、名誉毀損の罪の重さは、全然違うのだけど、「悪いこと」は、一考の余地があると思う。そもそも、中学校がしっかりしていれば、とか、親がしっかりしていれば、とか、教育委員会がしっかりしていれば、とか、考えるのも、論理の飛躍とか、背景や原因や、色んなモノをごっちゃにしている感じはあるけど、その辺りを混ぜこぜで考えたくなるのは、分かる。

 道徳や倫理や法律による罰などを飛び越えた問題が、同じ社会で起きた時、直接的に関わってない人、私は、どのような立ち位置にいれば良いのだろう?

 最終的に思ったのは、そういうことだった。