これは、2000年からサービスを行っている放送局のBSハイビジョン番組について、放送に使用可能な帯域が当初の帯域より拡大されることに伴うものです。

現在、各BS放送局の番組の帯域はD-VHSで録画可能な範囲内(転送レート:24Mbps)で問題はありませんが、2011年のBS放送再編以降は、サービス向上(画質向上やデータ放送の充実など)を目的として帯域が拡大されます。このため番組によってはD-VHSの録画可能な範囲を超える可能性があります。

ビットレートが向上して、D-VHSでは正常に録れない可能性が出てくるらしい。

現状D-VHS機は持ってないけど、REC-POTはD-VHS互換として動いているはずで、これは転送レート的に大丈夫なんだろうか?まあ2011年までにはBD機を買ってHD録画機2台体制となり、REC-POTを使ってはいないと思うけど。(現状はREC-POTはアクオスのi.Linkにつないで予備機として使用。DIGAからの退避に使うことも。)