Unity Official Blogでアセット提供元としてAssetStore以外にTurboSquidという何処かで聞いたが聞きなれない名前があったので、ちょっと調べてみた。

スクリーンショット 2012-10-03 23.06.31

■3Dアセットを提供するサービス

TurboSquidは3Dモデルを提供するサービスらしい。登録している3Dモデルも膨大な数があるみたいで、単純にRoboを検索したときに出てくるアセットの数も(約250件)とケタ違いに多かった。

スクリーンショット 2012-10-03 22.45.14

使い方は、無料の3Dモデルを使うならばメールアドレスを登録するだけで良いらしく、それだけでカートから3Dモデルをダウンロードすることができた。
無料版だけでもかなりの量があるので、アセット探索はここも視野に入れても良いかもしれない。


■モバイルゲーム用3Dモデルとしては使いにくい所があるかも

さて、いくつかモデルをダウンロードして使ってみた感じだが、ゲームに使うモデルとしては少々使いにくいような気もしてきた。理由は下の3つ。

・1モデルが沢山のパーツに分かれている事が多い
・モーションが含まれていない
・著作権的にアレなモデルも大量に含まれる

一つ目はドローコールの問題で、パーツが分けられているとドローコールが増えてしまうPCで動かすようなら問題はほとんど気にならないのだが、モバイル端末ではかなり面倒な話になる。この辺りは実際に使い時に手直しする必要があるかもしれない。
スクリーンショット 2012-10-03 22.55.21

2つ目は、(無料版だからかもしれないが)モデルにモーションが含まれていないのでAssetStoreにあるような「とりあえず突っ込んで動かす」事が出来ない。なので手軽に使いたいならMixamo Animation Storeなどでモーションを別途購入する必要がありそうだ。

[Unity3D]キャラクターモーションを購入する「Mixamo Animation Store」
http://terasur.blog.fc2.com/blog-entry-208.html

で最後の問題だが、何というか、モデルがフリーダムすぎる。
robotで検索して出てきたモデルの中には汎用人型決戦兵器とか、自由なガンダムとか、コンボイ司令官とか、ポケモンのコイルとか(お前ロボじゃねーだろ)、何というかフリーダムな面子が平気で揃っている。
もちろんオリジナルも多く含まれているのだろうが、正直これほどフリーダムなモノが多いと出自を確認したくなる。
スクリーンショット 2012-10-03 23.05.50 スクリーンショット 2012-10-03 23.04.25

その他にも色々と問題があるかもしれないが、その辺りは状況に応じて対応するしかない。



他にもアセットを販売しているサービスがいくつかあった気がするが、ど忘れしたのでまた今度。